メニュー


『下痢(げり)が来た! 腹痛 下痢の症状 原因 治療対策について 』へようこそ!

当サイトメニュー

満月下痢とは
満月下痢の種類
満月下痢の症状・特徴
満月下痢の原因
満月下痢の治療・対策
満月症状別治療・対策
満月下痢の時の食事
満月下痢に効く薬



注意点:サイト作成時点での最新で信頼できる情報を掲載させていただいていますが、医療現場の進歩は早く、閲覧いただいた時点では最新の情報とは言えなくなっている場合があるかもしれません。症状に不安のある方は、専門の医療機関に相談されることをお勧めします。当サイトの情報から不具合が生じたとしても責任は負いかねます。

posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢とは?

下痢とは


■下痢とは雷

下痢(げり)とは、健康時の便と比較して、非常に水分
量が多く緩いゲル状・もしくは液体状の便のことです。

食べ物の消化と吸収は、小腸で行われ、水分は大腸で吸収
されますが、おもにその過程で異常が起きたときに
下痢が起こります。

水分量が70〜80パーセントの便を「軟便」、
80パーセント以上の液状の便を「下痢」といいます。


● 軟便
泥のような形状で、水の中に広がってもある程度形を保ちます。

腹痛を伴わないことも多く、脂っぽい食事や食べ過ぎなどに
よって起こります。


● 下痢
水に溶けたり、浮いてバラバラになります。

腹痛を伴うことが多く、我慢できずに何度もトイレに
かけ込むなど頻繁に便が出ます。


posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢とは?

下痢の症状・特徴


■症状


下痢は、消化能力の機能が低下したり、毒物を服用して
しまったり、なんらかの感染症によって発生する症状です。

 便が非常に柔らかくなる以外の症状は、、、

exclamation 脱水症状
exclamation 腹痛
exclamation 食欲減退
exclamation 悪心
exclamation 疲労
exclamation 虚血
exclamation 体力消耗

などが挙げられます。

特に大腸での水分吸収が行われない為に生じる脱水症状は、
非常に危険な症状といえます。


下痢が起こったときは、その便に“血液”が混じってないか
(赤痢や腸チフス、 腸炎ビブリオ性食中毒の可能性)、
“熱があるか”(赤痢、腸炎ビブリオ性食中毒、サルモネラ
食中毒の可能性)、“腹痛や吐き気があるか”をしっかり確認しましょう。

もしもこれらに当てはまる場合は、緊急手当が必要な病気
であることが多いので、すぐに医師の診察を受けることを
お勧めします。

posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の症状・特徴

大腸がんによる下痢の症状の可能性


● 大腸がんによる下痢の症状

下痢や便秘、腹痛、便が細くなるなどの症状は、
時として「大腸がんの症状」として現れることがあります。

とくに注意が必要なのが、水状の便や泥状の便で、「色が赤い」
ときで、便ががんの表面をこすることによって、便に血が
混ざったり、下血している可能性があります。

さらに出血によって貧血や疲労感、動悸などが起こるケース
もあります。

 大腸がんは近年、日本人に急増していますが、早期発見、
治療を行えば完治できる病気ですから、むやみに怖がらず、
医師の検査を受けることをお勧めします。



posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の症状・特徴

急性下痢


■急性下痢


【急性下痢】は、便の水分吸収ができずに便が軟らかくなる下痢症のうち、
急性で起こるものです。


【原因】
ウイルス、細菌、寄生虫等の感染などが原因です。

激しいときには1日に10回以上も水状の便が出ることがあり、
体の水分が不足し、ときには脳貧血をおこして、トイレで倒れて
しまうこともあります。

また、急性下痢は、腸の粘膜の炎症やウイルスによって起こる
「感染性下痢」と、ストレスや食べすぎ、食中毒等を原因とする
「非感染性下痢」に分類されます。


【症状】
・急な下痢
・発熱
・嘔吐


【治療】

薬物療法、(腸運動抑制剤や止しゃ剤、抗生物質等)と並行して、
安静状態で水分補給を行ないましょう。

発熱の場合は、細菌感染の可能性があるので、感染治療を行う
ことが賢明です。


posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の種類

急性下痢



●急性下痢は、腸の粘膜の炎症やウイルスによって起こる
感染性下痢」と、ストレスや食べすぎ、食中毒等を原因とする
非感染性下痢」に分類されます。


●「感染性下痢」
 
腹痛や発熱、吐き気、嘔吐を伴います。
下痢便に血液などが混ざったり、腐ったようなにおいがします。
O−157、サルモネラ、かぜなどの感染が原因となります。

●「非感染性下痢」

突然の腹痛とともに下痢が起こります。
暴飲暴食、寝冷え、特定の食品に対するアレルギー反応
(乳糖不耐症など)、ストレスなどが原因となります。


posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の種類

慢性下痢


■慢性下痢


慢性下痢は1日に1、2回の軟便があるという程度のものもあれば、
ちょっとしたことで下痢を起こすというものもあります。

また、下痢にならなくても、 お腹が鳴る、お腹が張っている、ガスが
多い、年中便意を感じるということもあります。

また、過敏性大腸炎(下痢と便秘を繰り返す様な症状)も含められます。



・機能性下痢


3週間以上、下痢が続いたり、再発を繰り返します。

過労や睡眠不足、不規則な排便時間、不規則な食生活、対人関係などの
ストレスが原因となっている場合が多いです。 


・その他の慢性下痢


がんや潰瘍性腸炎など腸の病気や、肝臓や膵臓の病気、アレルギー性の
病気、糖尿病などが原因となる場合があります。
さらに、抗生物質などの薬も原因になる場合があります。




posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の種類

過敏性腸症候群の特徴



■過敏性腸症候群 


「過敏性腸症候群」の特徴

● 検査をしても腸に異常はみられない。
● 長期にわたってだらだらと下痢が続く。
● 便秘と下痢を交互に繰り返すこともある。
● 食欲は普通にある。
● 1日に何回も下痢を起こす。


「過敏性腸症候群」の場合、ストレスの原因が改善されると、
大抵、症状は軽減します。

ただし、注意すべき点として、同じような症状でも
「潰瘍性大腸炎」や、「大腸がん」、「慢性膵炎」などの
ケースもありえますから、自己診断に頼るのではなく、
心配なら進んで医師の診断を受けるようにしましょう。





posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の種類

下痢の原因


■下痢の原因


普通、便は大腸内で水分を吸収された上で排出されますが、何らかの
原因で水分を多分に残したまま排出された時、下痢となります。

下痢になる原因として多いのは。。。

• 食べ過ぎによる消化不良
• 水・アルコール の飲み過ぎ
• 腐敗したものを食べたことなどで食あたり
• 毒キノコや貝毒などの有害物質による食中毒
• O-157・ノロウイルスなどの細菌やウイルスに経口感染して
     起こる食中毒
• 寝冷えなどで腹を冷やしてしまった
• 神経性による消化不良
• 歯痛・早食いによる消化不良
• 「過敏性腸症候群」などの体質
• 便意を我慢し過ぎる事による大腸の異常活動
• 日常食べ慣れないものを多量に摂取した時
• 医薬品の副作用により

など、これらの原因が重なりあって起こることが多いです。

日本国内での要因は、通常は病原体によるものではなく、
神経性のものが多いようです。

特に、日常生活のストレスの多さが主因となっています。


一方、海外旅行に行った後で下痢の症状が出た場合の原因には
特に注意を払う必要があります。

伝染病や、病原性原虫や寄生虫の寄生でも下痢は発生しますし、
結果的に最終的に死に至る場合もあるので、少しでも続くよう
なら自己過信せず、医者に相談した方が賢明でしょう。




posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の原因

原因 乳糖不耐症


■乳糖不耐症


体質的に、「二糖類分解酵素」が不足している人は、牛乳を飲むと
下痢を起こしてしまいます。


posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の原因