下痢の時の食事 気をつけること


●食事で気をつけることはなに?

下痢は、大量の水分とカリウム、ナトリウムなどの電解質を
急激に失う状態です。体重の5%に当たる水分が失われたら要注意
です。 さらに、10%失われると死ぬこともあります。

それで、まずは脱水症状を避けるため、水分の補給
心がけましょう。たらーっ(汗)

とくに子どもお年寄りは脱水症状を
起こしやすく、全身の症状が悪化するケースもありますから
注意が必要です。exclamation

水分補給は湯冷ましや麦茶、番茶、スポーツ飲料などで行なえます。

ジュース類や炭酸飲料などは、含まれる成分が下痢を悪化させる
ことがあるので避けたほうがよいでしょう。

牛乳は脂肪などが腸管を刺激しますから、多量に飲まないように
しましょう。

ただし、赤ちゃんが、母乳を飲むことは差し支えないと言われています。


嘔吐を伴う下痢の場合は十分な水分補給が難しく、脱水症状が進む
ケースがありますから、病院で点滴を受けるようにしましょう。病院




posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の時の食事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1498073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。