大腸がんによる下痢の症状の可能性


● 大腸がんによる下痢の症状

下痢や便秘、腹痛、便が細くなるなどの症状は、
時として「大腸がんの症状」として現れることがあります。

とくに注意が必要なのが、水状の便や泥状の便で、「色が赤い」
ときで、便ががんの表面をこすることによって、便に血が
混ざったり、下血している可能性があります。

さらに出血によって貧血や疲労感、動悸などが起こるケース
もあります。

 大腸がんは近年、日本人に急増していますが、早期発見、
治療を行えば完治できる病気ですから、むやみに怖がらず、
医師の検査を受けることをお勧めします。



posted by 腹痛 下痢 バイバイ! at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 下痢の症状・特徴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1543312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。